Luminlayとは

STORY

光るギター、ベース用蓄光、夜光ポジションマーク Luminlay アップショット

 多くのプロギタリスト、ベーシスト達は、長年に渡りステージ上でのポジションマークの見づらさに問題を抱えていました。特にオープニングなど、照明の暗いシーンではその問題が顕著になります。 ステージ上で活躍する多くのギタリスト、ベーシストに快適な環境を用意するために開発された高性能蓄光ドットポジションマーク、
それが「Luminlay(ルミンレイ)」です。

ネックのポジションマークを光らせる手段としてLEDを使う手法が世の中にはありますが、ネックに大きな加工をするため、ネックを痛めてしまう可能性があります。 また、バッテリーも必要ですし、加工賃も非常に高価です。 「もっと手軽に扱える蓄光材料を用いて良いものは作れないか?」という考えのもとLuminlayの開発はスタートしました。 当時、あるギターブランドで使われていた蓄光ポジションでは光量が不足していて使い物になりませんでした。 ステージで使用できるレベルにするには、真っ暗ではなく、少し暗いところでも効果を発揮しないと意味がないのです。 それには常識的な蓄光製品の光量を遙かにしのぐ光量が必要でした。「これではプロは満足しない」という妥協なき考えのもと、幾多の蓄光材料、調合、樹脂材料、加工法を徹底的にテスト。丸棒を作るのには押し出し成形が適していますが、蓄光材料は押し出し成形をすると性能が落ちるため、よりコストのかかる特殊な方法でこれを解決しました。 また、一般樹脂に比べて非常に硬く脆いので加工も困難の連続でした。 飽くなき挑戦のもと、輝度と残光性、体色を追求し、「最終的なスペックの決定に当たっては、まず性能を優先、コストは二の次」という開発指針のもと、ハイエンドギター用夜光ドットインレイ「Luminlay」は誕生しました。 

Luminlayは専用LEDライトチャージャーを使用することにより、一個あたり数秒で光を溜め込むことができます。 ポケットに入れて持ち運べ、どんなシーンでも強力にサポートします。

Luminlayの特徴

光るギター、ベース用蓄光、夜光ポジションマーク Luminlay構造図
  • 最高性能、最高品質を誇る蓄光材料を使用しています。
  • 高コスト覚悟で、一般的な混合比の3倍の濃度(樹脂成形の限界)で作られた専用特注素材を使用しています。
  • 樹脂の中でもっとも透明度の高いPMMA樹脂(アクリル)を使用することにより、蓄光材料が発する光を最大限に活かしています。
  • 更なる輝度アップのため、ポジションマークの側面に極薄白色塗装を施しています。
  • 高精度研削加工により、高い真円度を誇ります。
  • ユーザーの好みに合わせて色を選べる2タイプのシリーズをご用意致しました。
  • 専用LEDライトを使うことにより、短時間で光をためることが可能です。
  • LEDに比べて大がかりな加工をネックにしないので、ネックコンディションに負担をかけず安価です。
  • LEDのように強い光が点で光るのではなく、弱い光が面で光るので目に優しくストレスがありません。